スペシャルコラム

今月の心歩人

フランス人が賞賛した諷刺画家 河鍋暁斎

クリストフ・マルケ 日仏会館・日本研究センター所長
《狂斎百図》
河鍋暁斎 《狂斎百図》 文久3-慶応2(1863-66)年頃より

 明治時代、その存命中に欧米で有名になった日本人画家は非常に少ない。河鍋暁斎はその稀な例で、彼の国際評価はフランスから始まった。明治9(1876)年、廃仏毀釈運動が収まった頃に、実業家ギメと画家レガメが日本を訪れた。目的は東洋の宗教を調査し、フランスで博物館を創設するための資料を蒐集することだった。
 彼らは来日して間もなく、町角で暁斎の浮世絵を見つけた。『狂斎百図』という日本の諺を見事に戯画化した版画である。この〈あみ陀の光も金次第〉(右)に、形骸化した仏教を揶揄したかのような庶民の機知やユーモアを見出し、皮肉のこもった目線を快く感じた2人のフランス人は、さっそく暁斎のアトリエを訪れ、画家と交流する機会を得た。
 その際に彼らに贈られた作品の中には、蛇に足を掴まれた人物を描いた扇面図があった。これについて暁斎は「政治諷刺のために人生の大半を牢獄で過ごした自分の生涯の象徴である」と語ったようだ。多少の誇張があるにせよ、2人はこの絵に表されている暁斎の反骨精神に敬服した。
 お雇い外国人として来日し、暁斎の弟子になったイギリス人建築家コンドルは「暁斎の特異な才能と性格がヨーロッパ人から熱狂的な注目を浴びたそもそもの始まりは、1870年代に暁斎との会見を求めたこれら外国人の著者たちの力に負うところが大きかった」と述べ、ギメが著書『日本散策 -東京・日光- 』(1880年)で暁斎を賞賛したのが始まりであると指摘した。これによって暁斎の知名度は一気に上がり、欧米で伝説的な諷刺画家になった。フランスの日刊紙の一面に彼の訃報記事が掲載されたほどである。
 2010年、暁斎の最晩年の傑作『暁斎百鬼画談』がフランス国立図書館で発見され、私の監修によりパリの版画工房で複製版を制作した。6メートルにも及ぶこの折り本は迫力溢れる付喪神の行列を滑稽に描いたものである。これによって日本の漫画や妖怪文化に魅力を感じる若者が多いフランスで、暁斎の素晴らしい諷刺画芸術が約130年ぶりに注目を浴びた。近い将来、パリで暁斎の展覧会を開くことが私の次の夢である。

クリストフ・マルケ

クリストフ・マルケ1965年、フランス生まれ。フランス国立東洋言語文化大学教授、日仏会館・日本研究センター所長。
日本近世・近代美術史と出版文化史を専門とする。

特別展「画鬼・暁斎」展 チケットプレゼント

◆1~7 ※◆1は後期のみ ◆7は前期のみ展示 ◆8は出展されません。

■特別展「画鬼・暁斎 -KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」
河鍋暁斎の作品が、彼の絵の弟子でもあるイギリス人建築家ジョサイア・コンドル設計の三菱一号館を復元した三菱一号館美術館を彩る貴重な機会。
  • ■会期:2015年6月27日(土) ~9月6日(日) 
    会期中、一部作品の展示替えあり。 前期:8月2日(日) まで/後期:8月4日(火) から
  • ■会場:三菱一号館美術館(東京・丸の内) 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
  • ■お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

特別展「画鬼・暁斎」展チケットを、抽選で3組6名さまにプレゼントいたします。お申込みはメールまたはハガキにて、下記の必要事項をご記入のうえご応募ください。

  • (1) お名前(ふりがな) (2) 年齢 (3) ご住所 (4) お電話番号 
    (5) このプレゼントを何で知りましたか(RESONAVI、りそなカードホームページなど)
    (6) 「心の散歩道」のご感想
  • メール:yoyaku@jpww.co.jp(件名を「7月号プレゼント」として)
  • ハガキ:〒104-0042 東京都中央区入船3 -1-13 エーユー入船ビル8F
    株式会社ジェー・ピー RESONAVI 7月号プレゼント係
  • 締切:2015年7月12日(日) 当日消印まで有効
  • ※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
  • ※応募の際にお預かりした個人情報は、プレゼント当選者への賞品発送、関連するアフターサービス、新商品などに関するお知らせのために利用させていただきます。

◆8は以下の展覧会で見ることができます。

■絵の始まり 絵の終わり
-下絵と本画の物語 -
  • ■会期:2015年5月25日(月) ~8月16日(日)
  • ■会場:武蔵野美術大学美術館
    展示室3、4、アトリウム2
    〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
  • ■お問合せ:042-342-6003

河鍋暁斎記念美術館 展示予定

■企画展 暁斎の描く下絵の世界
-猛き者・美しき者-展(仮称)
  • ■会期:9月1日(火) ~10月25日(日)
  • ■会場:公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館
    〒335-0003 埼玉県蕨市南町4-36-4
  • ■お問合せ:048-441-9780

「7月号の心の散歩道」に関するお問合せ・ご感想
メール/ yoyaku@jpww.co.jp(件名を「心の散歩道7月号」として)
電話:03-3551-3556 (株)ジェー・ピー 心の散歩道係  受付時間/10:00~17:00(土・日・祝日休み)

会員専用インターネットサービス
ご利用はこちらから

りそなカード貸切 宝塚歌劇 雪組公演 早霧(さぎり)せいなさん 雪組トップスター インタビュー

りそなゴールド《セゾン》入会キャンペーン実施中 今なら初年度年会費無料!

300ポイントが当たるチャンス! BINGO

ポイントをおトクにためる
りそなPOINTダッシュ
ポイントがたまるモール りそなクラブ.com

ワクワクを、探しに

お取り寄せグルメ